親の会情報(親の会の開催日程やイベント講演会などの情報)

交流会の様子(ぱのネットの交流会について)

各地の親の会(関西各地の親の会の連絡先など)

資料館(不登校に関する法律やデーターなど)

お問い合わせ

 

ぱのネットに参加してる親の会 マップ

不登校のためのハンドブック2018

~大阪府・兵庫県内 支援団体一覧2018~

 

http://fs-minamo.org/handbook/

 

不登校・ひきこもりのためのハンドブック

 

https://ipty2014.wixsite.com/mysite/properties

 不登校児13万人のうち、 フリースクールやオルタナティブ教育に参加してる子は1万人にも 満たない。ほとんどの子どもは、 保護者との関わりが大きく影響している。なので、 親の会が、より充実したものであることが、とても大事。

親の会は、「イベントや講演会などの情報が豊富」「話を聴くことを大切にしてる」「みんなで考える場」など、特徴があります。ほとんどの親の会は月に1~2回の開催です。お子さんの様子が激しく変化する時期では、一ヶ月経つと、様子が大きく変わっていることもあります。いくつもの親の会を掛け持ちして、活用してください。

 

関西で不登校親の会や家族会をしておられる方、一緒に繋がりませんか?

 

  「ぱのネット」では、親の会の世話人同士がそれぞれの親の会の情報を交換したりすることを、メーリングリスト上で行っています。

 他にも、運営で困ったことの解決のアイデアを出し合ったり、一緒に行えるイベントを共有するなどのこともできたらと思います。また、月に1回くらい、実際に集まって情報交換ができればとも考えています。

 

親の会をされている方(世話人・代表・理事・会長・実行委員・運営委員・担当者など)なら、どなたでも参加していただけます。

 

メーリングリストを中心につながりを大切に活動しています。

関西という距離の近さを活かして会えることを大切に「交流会」を開いてます。

 

世話人だからこそ、会の中では言えないことがあるから、お互い励ましあいましょう。

困ったことがあったら、知恵を出し合いたいです。

新しい法律もできて、わからないことを学びあいたいです。

 

フリースクールなどの親の会担当者も歓迎です。

 

関西各地の親の会をご存じの方、お知らせください。ぜひつながっていきたいです。

メーリングリストに参加するには

親の会の世話人の方(あるいは渉外担当の方)ならどなたでもメーリングリストに加入していただけます。会費などはありません。交流会の日程などもメーリングリスト上で決めていこうと思います。


「お問い合わせ」から、「メーリングリスト参加希望」と書いて

①氏名とニックネームと役職

②親の会の名称

③主な活動地域

④メーリングリストへの加入を希望するメールアドレス

⑤ホームページのURL(あれば)

 

をご記入の上、dsssm11@gmail.com に、送信してください。1週間以内にこちらから連絡いたします。

 

「交流会」に参加するには

第5回の交流会は

日時:11月3日(金) 10:00~14:00(お部屋は9:00~16:00借りてます)
場所:共同利用施設柴島センター(大阪市東淀川区柴島2丁11)1階 遊戯室

 地下鉄堺筋線 柴島(くにじま)駅下車 徒歩1分・阪急電車 崇禅寺駅下車徒歩5分
※柴島駅は地下鉄堺筋線の天神橋筋6丁目駅と阪急電車の淡路駅の間にある駅です。各駅停車しか停まりません。改札口は、一つです。改札出て右に30メートルほどで、会場です。

参加費:無料
お昼を挟みますので、お昼ごはん・飲み物・おやつを持参してください。(近くにコンビニがあります)
参加希望者は、お問い合わせより、「第5回 交流会参加希望」と氏名・親の会の名前・メールアドレス・携帯電話番号を記入の上、お申し込みください。こちらから連絡いたします。
ちなみに 第6回 ぱのネット交流会は、12月23日(土)
柴島センターの予定です。

 

参加希望者は、「お問い合わせ」のコンテンツより

①氏名とニックネーム

②親の会の名称

③携帯電話の電話番号

④メールアドレス

を記入の上送信してください。1週間以内にこちらから、連絡いたします。

 

ぱのネットに参加されてない方も、交流会に参加していただけます。

「ぱのネット」の名前の由来

「ぱのネット」の名前ですが、「親の会」の「Parents Association」、不登校の「NOn-Attendance」の頭文字を取ってPANO(ぱの)にしました。発足のきっかけは、「ふりー! すくーりんぐ」(http://freeschoolring.yukihotaru.com/)の交流会や集まりの際に、「親の会同士のイベントに参加しあったりできたらいいね」「親の会同士で情報交換したりできれば」という話があり、それでは一度ネットワークを作ってみよう……となったのが始まりです。